ツアー・ホテルの カテゴリー を選択してください。

現地発ツアー(オプショナルツアー)、アクティビティ、ホテルのページへ移動します。

お知らせ・新着情報

01月06日 サンディエゴの美しい建造物
  • サンディエゴ
  • 2018年01月06日
  • 01. 
    Mission Basilica San Diego de Alcala Hhttp://www.missionsandiego.org/
    1769年7月16日完成。
    21あるカリフォルニア ミッションの第1号。1775年、現在の場所に移転。

    02. 
    California Tower (Balboa Park) 1914年完成。
    1935年を最後に閉鎖されていたが、2015年から規制はある物の、内部ツアーが可能。

    03. 
    The San Diego Museum of Art (Balboa Park)
    http://www.museumofman.org/exhibits/california-tower/ 1926年完成。
    16世紀のカテドラルをモチーフ。

    04.
    Salk Institute
    http://www.salk.edu/custom-architecture-tours/ 1966年完成。
    近代建築の最後の巨匠といわれるルイス・カーンの代表作。

    05.
    Santa Fe Depot
    http://www.greatamericanstations.com/san-diego-ca-san/ 1915年3月7日開業。
    ミッション・コロニアル・スタイルの白亜の駅舎。

    06.
    Hotel Del Coronado
    http://hoteldel.com/about/photo-videos/hotel-del-colonado/ 1888年完成。
    木造のビクトリア様式のホテル。


    情報提供:サンディエゴ ジャーニー ツアーズ社
    01月06日 Santa Fe Depot
  • サンディエゴ
  • 2018年01月06日
  • 現在、アムトラック/Pacific Surf Liner、コースター、路面電車のプラットフォームがるこの駅は、本来、
    車庫として利用されていたが、1915年のパナマ・カリフォルニア博覧会で訪れるたくさんの観光客の移動手段として、
    旅客駅の運営が始り、サンディエゴの街の博覧にも貢献する。
    スペインの植民地時代を思わせるビクトリア調の建物で、ツインのだーム内が反響する造りになっており、
    国の歴史建造物にも指定されている。
    現在は、西海岸では最南端の終着駅になっており、駅の隣には、近代美術館も併設されています。
    市営バスへのアクセスも簡単で、ダウンタウンやウォーターフロントの施設(エンバカデロ公園)へも
    徒歩で移動が可能。
    当初、毎日3本の各駅停車、1本の急行がロサンゼルス・サンディエゴ間を運行していたが、
    博覧会の時期は、毎日9本(うち8本が途中2駅のみ停車の急行、9本目が各駅停車)で、
    週末は、12本の列車が運行していた。
    1919年12月1日には、初めてアリゾナからサンディエゴに乗客列車が到着する。
    (1951年1月11日に廃線)
    1936年に6両制の列車がロサンゼルスのユニオン駅からサンディエゴへの運行を開始する。
    1938年3月27日から、”サンディエガン・ルート”と称され、2時間30分の所要時間で移動できる列車となる。
    1941年6月8日からは、1日4本の往復の乗客列車と1本の夜間用貨物列車の運行が始るが、
    貨物列車は、必要に応じて本数が増え、1日10~20本という事もあった、
    乗客列車に至っては、1971年5月1日よりAmtrakがサンディエガン・ラインを引き継ぎ、
    Amtrak Pacific Surf Linerとして現在に至っている。


    情報提供:サンディエゴ ジャーニー ツアーズ社
    01月06日 サンディエゴ湾
  • サンディエゴ
  • 2018年01月06日
  • 1962年、湾局が設立され、空港も含めサンディエゴ湾にあけるビジネス。環境の管理に当たっている。
    1964年には、$10.9ミリオンを費やし空港設備。
    1970年、10日間のクルーズで豪華客船の出入港が始まる。
    1986年、B Street PierがIsuzuの車の輸入の為、National City Marine ターミナルの
    125エーカーの敷地を7ヶ所に分担し、利用を開始。
    初回の車両数は、15,589台。
    ちなみに、現在はHonda、Fiat、Audi、Volkswagen、Nissan、Mitsubishi、FUSO、Hino Motors等で
    年間約40万台がこのターミナルに運ばれてくる。
    1993年、10th Avenueターミナルの96エーカーの敷地内に8ヶ所の倉庫等が設けられ、冷凍、冷蔵食品、
    肥料、セメント、バルク商品、山林製品等が運搬されてくる。
    中でもDOLE Food Companyの年間1.8億ポンドのバナナは、最大規模。
    このターミナルの傍には、西海岸では最大の造船所である
    NASSCO (National Steel and Shipbuilding Company)と、
    Huntihngton Ingalls (Continental Maritime of San Diego)、
    BAE System (Southwest Marine)の3つの造船所があり、主にU.S.Navyno護衛艦や、
    商船用のオイルタンカー、貨物輸送船が製造されている。


    情報提供:サンディエゴ ジャーニー ツアーズ社


    01月03日 新年明けましておめでとうございます。
  • アメリカ
  • 2018年01月03日
  • 新年明けましておめでとうございます。
    本年も宜しくお願い申し上げます。
    12月30日 年末年始の休業のお知らせ
  • アメリカ
  • 2017年12月30日
  • トラベルドンキー/ナビツアーでは、1月1日(月)は、祝日の為、お休みを頂戴いたします。
    12月29日17:00以降に頂戴しましたお申し込み、お問い合わせの回答は翌週1月2日以降の回答となります旨
    予めご了承くださいませ。

    2017年も、トラベルドンキー/ナビツアーをご利用下さいまして誠にありがとうございます。
    2018年も、引き続き、よろしくお願いいたします。
    それでは皆様、よいお正月をお迎えくださいませ。

    サンディエゴ・お勧めツアー

    新着お客様からの質問

     
    ご質問題名 質問者 受付日
    ぴょん 2018年01月17日
    lil_non 2018年01月13日
    こりー 2018年01月12日
    こりー 2018年01月12日
    リロ 2018年01月09日
    リロ 2018年01月07日
    ヒナ 2017年12月30日
    k-kim 2017年12月28日
    リロ 2017年11月23日
    ここたん 2017年09月28日

    最新口コミ情報

    港を出てすぐに会う事ができずに、ウロウロとしてしまいましたが、お会いできてからはとても親切で、サンディエゴ~アナハイム間もずっと会話が絶えずとても楽しかったです。もし、またサンディエゴを訪れる事があったら是非お願いしたいと思います。
    5年前に妻と2人で参加してとてもよかったので、今回は娘と2人で参加しました。前回と同じく、よいガイドさんでとても満足でした。歩いて国境を渡るのが、娘にとって初めての体験で、とても印象深かったようです。サンディエゴから30分ほどの場所で、街並みも言葉も車もがらりと変わって、不思議な感じでした。娘にも大変いい思い出ができたと思います。あけみちゃん3号、とてもありがとうございました。次は、サンディエゴでゴルフに挑戦ですね!
    メキシコまで御案内頂いた小さいA様、詳しい説明も盛り沢山で、どうもありがとうございました。昼食のお店も美味しくて満足でした。手伝って貰ってゲットしたコンパスカードで三種の乗り物を体験し、翌日以降のラ・ホヤ等の観光にも大活躍。教えて頂いたサンディエゴの観光情報も大変役立ちました。帰りはサンディエゴ動物園迄送っていただきチケット購入まで手伝ってもらえたので助かりました。
    とにかく大満足でした!! 元々カジノは大好きなんですが、女性二人旅だったので、サンディエゴの郊外にあるカジノは諦めかけていました、が、トラベルドンキーさんのツアーがあったので満喫する事が出来ました! 最新鋭のスロットがたくさんあるところを希望し、ラスベガスで夢中になったマイケルジャクソンのスロットを見つけた時は大興奮でした!! 担当のチヅコさんは私達の希望を気持ちよく完璧に叶えて下さいました。カジノには負けましたがまた絶対利用したいです!!
    サンディゴには何回も行っていますが、いつもトラベルドンキーさんにお世話になっています。魅力的なメニューが多いのもありますが、案内してくださる現地の日本人の方が、親身に、気を使っていただき、こちらの希望を聞き、柔軟に対応していただけるので感謝しています。初めての方も何回も行ってる経験者もそれぞれに応じて案内していただけます。また利用しますのでよろしくお願いします

    安心の正規旅行会社

    ナビツアーは、アメリカ合衆国の正規旅行会社、航空券の発券できるARC公認代理店ですので、安心してご利用いただけます。

    アメリカ本土に3オフィス

    ラスベガス本社の他、ロサンゼルス、サンフランシスコに直営現地オフィスがあり、安心の万全サポート体制。

    顧客第一主義です

    ナビツアーは、ツアー会社、ホテルのエージェント(販売代理人)ではなく、お客様のエージェント(購入代理人)です。

    お得なUSドル建て

    クレジットカードによるUSドル建てになりますので、為替レートがお客様にとって有利なレートとなります。

    市場最低価格を目指します

    万が一同じ商品がナビツアーより安く販売されている場合は、ご遠慮なくお知らせください。

    プリンター無しでもOK!

    多くのツアー・アクティビティで、ツアー参加券の印刷が不要の、eバウチャー・システムのご利用可能です。

    Copyrights © 2018 & All Rights Reserved by Trans Orbit Pty Ltd.