ナビツアーUSA
安心と信頼
eバウチャー
日本行航空券

訪問先の都市を選択してください

現地発ツアー(オプショナルツアー)、アクティビティ、ホテルのページへ移動します。

お知らせ・新着情報

03月21日 ラスべガスl観光局が拘束地下シャトル建設を承認
  • ラスベガス
  • 2019年03月21日
  • LVCVAの取締役会は、南ネバダの交通に歴史的ともいえる決議を下しました。会議では、
    イーロン・マスクを代表とするザ・ボーリング・カンパニーを採用し、
    ラスベガス・コンベンションセンターを地下ループでつなぎ、自動運転の電気自動車を利用して
    高速地下シャトルで乗客を運ぶ計画を承認しました。この画期的な計画によって、ダウンタウン、
    ラスベガス・コンベンションセンター、ラスベガス・ブルバード(ストリップ通り)のリゾート施設と
    マッカラン国際空港、またその先まで路線をつなぐことも可能になります。

    LVCVAのCEO兼プレジデントのスティーブ・ヒルは次のように述べています。
    「ラスベガスが世界トップクラスのトラベル・デスティネーションだという評判は、
    技術革新とホスピタリティで裏付けられています。」更に、「このプロジェクトは、我々の基本理念が、
    いかに実利のともなった体験をコミュニティや来訪客の皆様に創生していくことができるかという例とも言えます。」

    現在、拡張工事の半ばにあるラスベガス・コンベンションセンターは、
    2021年のCESが開催される際には更に200エーカー拡張されます。コンベンション参加者は、
    施設の端から端まで約2マイルを歩くことになるので、施設内での輸送システムが必要となります。
    ラスベガスの2018年の来訪者数は、4200万人以上。またコンベンションセンターには、
    年間100万人以上の来場者が訪れます。また南ネバダのレジョナル・トランスポテーション・コミッションは、
    約1200万人の乗客をラスベガスブルバードのリゾート地に輸送しています。

    「ラスベガスは、世界からのお客様をおもてなしするために高度のエネルギー、
    最高のテクノロジーを備えたデスティネーションです。
    ラスベガスを訪れる皆様により効果的に街をご案内できるシステムを提供できるようになると興奮を覚えます。」と、
    ザ・ボーリング・カンパニーのプレジデント、スティーブ・デイビスは述べています。

    取締役会の議決を受けて、ザ・ボーリング・カンパニーとLVCVAは実際のデザイン、工事や運行計画、
    契約を練り上げ、2019年6月までに執り行われる予定の次回の会議で最終承認を得ることになります。

    ツーリズムは、南ネバダの経済を活性化するエンジンです。
    また年々伸びゆくビジネストラベルを大きく担う機会の一つです。
    コンベンションセンターの拡張工事にともなう技術革新は、
    地元の人たちや来訪者のラスベガス内での移動を有益かつ効率的にし、
    ラスベガスがNo.1コンベンションシティとしてのステータスだけではなく、
    南ネバダ全域の経済的未来を確かなものにするでしょう。

    観光産業は、引き続き南ネバダに580億8千万ドルの経済効果をもたらし、
    39万1千人の雇用を支え、160億4千万ドルの給料を創出しています。これは南ネバダの41%の雇用を占めています。




    INFO:
    ラスベガス観光局は3月22日~24日の期間、羽田空港国際線旅客ターミナルにて実施される”もっと!海外へ2019”にてブースを出展致します。
    https://haneda-to-world.jp/


    ラスベガスのコンベンションスケジュールに関しては、下記のLas Vegas Convention Calenderをご参考ください。
    https://www.vegasmeansbusiness.com/planning-tools/convention-calendar/

    最新のラスベガス情報も下記からご覧いただけます。
    visitlasvegas.jp





    03月13日 ミッキー&ミニー 90周年セレブレーションの日本語公式サイトがオープンされました
  • アナハイム
  • 2019年03月13日
  • ミッキー&ミニー セレブレーション 90周年をお祝いするゲットユアイヤーズオン関連の日本語公式サイトがオープンされました。(下記URL参照)90周年記念イヤーとなる今年も、ディズニーから目が離せません!この機会にぜひ、本場アメリカのディズニーへお越しください!

    https://disneyparks.disney.go.com/jp/disneyland/events-tours/get-your-ears-on-90th-celebration/

    情報提供;DISNEY DESTINATIONS
    03月13日 ミッキー&ミニー 90周年セレブレーションの日本語公式サイトがオープンされました
  • ロサンゼルス
  • 2019年03月13日
  • ミッキー&ミニー セレブレーション 90周年をお祝いするゲットユアイヤーズオン関連の日本語公式サイトがオープンされました。(下記URL参照)90周年記念イヤーとなる今年も、ディズニーから目が離せません!この機会にぜひ、本場アメリカのディズニーへお越しください!

    https://disneyparks.disney.go.com/jp/disneyland/events-tours/get-your-ears-on-90th-celebration/

    情報提供;DISNEY DESTINATIONS
    03月02日 人種差別の対策
  • ニューヨーク
  • 2019年03月02日
  • 黒人に対する差別や嫌がらせへの対策として、ニューヨーク市人権委員会は18日、
    髪質および髪型を理由に差別することを禁じるガイドラインを発表した。こうした試みは全米初。
    市は黒人の髪質や髪型は「職場に似合わない」などとする先入観が、差別の手段とされることが多いと指摘している。
     ガイドラインでは、職場や学校および公共施設で、髪質や髪型に基づく嫌がらせや懲罰、降格や解雇などを禁止する。
    スポーツクラブやバーなどの経営者が入場や入会の要件として髪質や髪型を変えるよう強制することも禁じる。
    違反した場合は最高25万ドル(約2800万円)の罰金を科す他、社則などの変更を命じる。
    被害者は損害賠償を請求できる。
     同委員会によると、ブロンクス区モリスパークの医療機関や
    マンハッタン区アッパーイーストサイドのヘアサロンなどの黒人従業員が髪型で嫌がらせを受けたと訴え、
    今回のガイドライン制定に至った。(デイリーサン)

    情報提供:CUE INTERNATIONAL社




    03月02日 米ギャップ(GAP CO.)
  • ニューヨーク
  • 2019年03月02日

  • 米ギャップ(Gap Co)は1日、傘下のファミリーブランド「オールドネイビー」(Old Navy)を別会社とし、
    2社の独立した株式公開企業を設立すると発表した。
    新会社は、「ギャップ」ブランドのほか、「バナナ・リパブリック」(Banana Republic)、
    スポーツブランド「アスレタ」(Athleta)、セレクトショップ「インターミックス」(Intermix)、
    昨年スタートしたメンズのスポーツウェア「ヒルシティ」(Hill City)で構成される。
    AP通信によると、契約の一環としてギャップブランドは、2年間で230店舗を閉鎖する。
    現在ギャップは全世界に1,242店舗、そのうちの785店舗は北米にある。
    閉店の多くは、北米エリアになる予定だとペック氏はアナリストに語った。
    CNNによると、オールドネイビーの開店後1年以上の既存店売上高は、昨年比3%増だった。
    一方ギャップは5%減となった。
    店舗閉鎖を行っているバナナリパブリックの業績は、改善している。(mashup NY)

    情報提供:CUE INTERNATIONAL社



    03月02日 TWAホテル
  • ニューヨーク
  • 2019年03月02日
  • MCRデベロップメントは、5月15日にジョン・F・ケネディ国際空港の
    TWAフライトセンター(TWAターミナルビル、TWA Flight Center) に
    TWAホテルをオープンすることを発表した。
    公式サイトで予約受付を開始した。
    1962年に完成したTWAフライトセンターは、フィンランド系アメリカ人の建築家、エーロ・サーリネンが設計した。1994年ニューヨーク市の歴史建造物に指定され、2005年には米国家歴史登録材にも指定された。
    また映画『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』や、『オーシャンズ8』のロケ地として使用されるなど、
    多くのアメリカ人にとって馴染みの深い建築物だ。
    900平方メートルを超える広さのルーフトップからは、JFKの滑走路を見渡すことができ、
    ジェットエイジミュージアムも設けられる。ヴァレンティノや、ラルフ・ローレン、
    スタン・ハーマンらがデザインした客室乗務員のユニフォームも展示され、
    ミッドセンチュリーのモダンなデザインを鑑賞することができる。(mashup NY)

    情報提供:CUE INTERNATIONAL社


    03月02日 メトロカード
  • ニューヨーク
  • 2019年03月02日
  • ニューヨーク地下鉄を運営するMTAは27日、メトロカードの1週間と1ヶ月の無制限乗車券の値上げを、
    役員会の投票により決定した。
    基本運賃は2.75ドルに据え置きとなるが、5.5ドル以上を購入した際に加算される5%のボーナスは廃止される。
    1週間分の7 DayPassは、3%値上げされ、32ドルから33ドルとなる。
    30日分の30 DayPassは、5%値上げされ、121ドルから127ドルとなる。
    新料金は4月21日から適用される。橋とトンネルの通行料金も、
    ヴェラザノ・ナローズ橋 (Verrazano-Narrows Bridge)を除き、3月末より値上げされる。
    E-ZPass利用者は5.76ドルから6.12ドルに、 その他は8.50ドルから9.50ドルとなる。(mashup NY)

    情報提供:CUE INTERNATIONAL社
    03月01日 洪水被害発生に伴う注意喚
  • サンフランシスコ
  • 2019年03月01日
  • 1 2月28日(現地時間),カリフォルニア州知事は、サンフランシスコ湾北部地域における豪雨により発生した洪水被害により,アマドール(Amador),グレン(Glenn),レイク(Lake),メンドシーノ(Mendocino),ソノマ(Sonoma)の5郡に対して,非常事態宣言を発出するとともに,連邦政府に対して支援要請を出しました。

    2 同地域においては,洪水や地滑りによりインフラへの被害が発生しているほか,カリフォルニア州北部のその他の地域においても,冬期の荒天により暴風雨が続いていることから,突発的な洪水や鉄砲水に対して注意が呼びかけられています。

    3 つきましては、当地に渡航・滞在を予定している方は、下記の関連ウェブサイトや現地のニュース等を参考に最新情報の収集に努めていただくとともに、関係地域への訪問日程・移動経路若しくは訪問地を変更する等、災害や事故に巻き込まれないよう安全確保に努めて下さい。
    また、発生地域周辺に滞在中の方は、避難に備え懐中電灯・携帯用ラジオ等を手元に置いておくほか、避難時の携行品等を事前に準備し,家族等に緊急の連絡先を知らせ、事前に避難経路を確認するとともに、必要な場合には安全な場所に避難する等の安全対策を講じてください。

    4 万一、災害に巻き込まれた場合は、現地当局が発表する警報・指示等に従って安全確保に努めるとともに、ご自身の安否等の状況について日本の留守家族及び最寄りの日本国大使館または総領事館に連絡してください。

    5 海外渡航の際には万一に備え、家族や友人、職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。

    【参考ウェブサイト】
    カリフォルニア州危機管理局ホームページ
    (California Governor’s Office of Emergency Services)
    https://www.caloes.ca.gov/

    <問い合わせ先>
    在サンフランシスコ日本国総領事館 領事・警備班
    TEL:415-780-6000
    FAX:415-767-4200
    領事窓口時間:月曜から金曜(祝日を除く)午前9時30分から正午、午後1時から午後4時30分

    情報提供:在サンフランシスコ日本国総領事館

    安心の正規旅行会社

    ナビツアーは、アメリカ合衆国の正規旅行会社、航空券の発券できるARC公認代理店ですので、安心してご利用いただけます。

    アメリカ本土に3オフィス

    ラスベガス本社の他、ロサンゼルス、サンフランシスコに直営現地オフィスがあり、安心の万全サポート体制。

    顧客第一主義です

    ナビツアーは、ツアー会社、ホテルのエージェント(販売代理人)ではなく、お客様のエージェント(購入代理人)です。

    お得なUSドル建て

    クレジットカードによるUSドル建てになりますので、為替レートがお客様にとって有利なレートとなります。

    市場最低価格を目指します

    万が一同じ商品がナビツアーより安く販売されている場合は、ご遠慮なくお知らせください。

    プリンター無しでもOK!

    多くのツアー・アクティビティで、ツアー参加券の印刷が不要の、eバウチャー・システムのご利用可能です。

    ナビツアーは、海外現地発ツアー(オプショナルツアー)を取り扱う専門サイトです。

    Copyrights © 2019 & All Rights Reserved by Trans Orbit Pty Ltd.