訪問先の 都市 を選択してください。

現地発ツアー(オプショナルツアー)、アクティビティ、ホテルのページへ移動します。

お知らせ・新着情報

05月19日 ウラエウス(Uraeus)
  • ニューヨーク
  • 2018年05月19日
  • 野外アートを手掛ける「パブリック・アート・ファンド」主催の展示「ウラエウス(Uraeus)」が、
    ロックフェラーセンターに出現。高さ20フィート(約6メートル)のポール上部には開いた本があり、
    そこから鷲の翼(30フィート:約9メートル)が左右に広がる。
    ポールには蛇が巻きつき、足下には本が散らばる。(よみタイム)

    Anselm Kiefer: Uraeus
    ■7月22日(日)まで
    ■会場:The Channel Gardens
     @Rockefeller Center
     5th Ave. (bet.50th & 51st St.)
    ■無料
    ■www.publicartfund.org



    情報提供: CUE INT'L社
    05月19日 2018年サマーシリーズ
  • ニューヨーク
  • 2018年05月19日
  • 野外映画祭「ルーフトップ・フィルム」の「2018年サマーシリーズ」が5月18日(金)から開幕する。
    ハリウッド映画とは異なるインディペンデント作品が上映され、毎年3万人以上の映画ファンが来場する。
    会場が「屋上シアター」や「野外シアター」ということもあり、開放感と共にレアな映画を楽しめるイベントだ。
    オープニングナイトの会場はブルックリンの墓地「グリーンウッド・セメタリー」。
    ディズニーのモバイル・アプリ「ディズニーLOL(Disney LOL)」用に制作されたアニメ
    「世界で一番カワイイ犬(The Cutest Dog in The World)」や、
    トライベッカ映画祭でも上映されたダークコメディ「だからあなたはこの町が好き(So You Like the Neighborhood)」、
    高速道路近くの商業施設を舞台に、そこで働く人々を動物として描写し
    ストップモーションアニメ「バーデン(The Burden )」など、9作品の短編が上映される。


    Opening Night
    ■5月18日(金)7:45pm
     ※雨天の場合はリスケジュール
     詳細はウェブサイトで確認
    ■会場:Green-Wood Cemetery
     500 25th St., Brooklyn
    ■$16



    情報提供: CUE INT'L社
    05月19日 メル・チン
  • ニューヨーク
  • 2018年05月19日
  • 80年代前半よりニューヨークで活躍し、近年はノースカロライナを拠点に
    多彩な社会派アートのプロジェクトを展開しているメル・チン。
    アートにPR戦略やブランディングを持ち込み、経済効果も考慮した上で長期戦のプロジェクトを誘導する。
    チンはこれまでも、ハリケーン後のニューオーリンズや過疎化する一方のデトロイトなど、
    全米各地で地域ぐるみのアート活動を実践してきた。彫刻「シグナル」が、ソーホーの地下鉄駅に登場し、
    一部の路線では、作家の言葉やサウンドが車内放送で流れるようだ。
    また、7月中旬からは、難破船の舳先を模した巨大彫刻とAR(拡張現実)アプリを使った
    インタラクティブアートがタイムズ・スクエアにお目見えする。
    この夏、チンの存在は文字通り「オール・オーバー・ザ・プレイス(そこらじゅう)」に見られるが、
    不正や格差、環境汚染など社会意識に根ざしたアートの発露は、いたるところにあるということだろう。

    Mel Chin: All Over the Place
    ■8月12日(日)まで
    ■会場:Queens Museum
     Flushing Meadows Corona Park, Queens
    ■大人$8、シニア$4、18歳以下無料
    ■www.queensmuseum.org



    情報提供: CUE INT'L社
    05月19日 ニューヨーク市内の地下鉄のアナウンスにこのほど、新たな「声」
  • ニューヨーク
  • 2018年05月19日
  • 新たに駅構内や車内アナウンスを担当することになったのは、クイーンズ区出身で、
    ニューヨーク州都市交通局(MTA)に25年勤めるベリーナ・ミッチェルさん。
    MTAの線路管理センターに所属するアナウンサーの中から選ばれた。
    ニューヨーク市交通局(NYCT)のサラ・メイヤー顧客担当主任が10月、
    公共サービスのアナウンスについて調べていた際、偶然ミッチェルさんの声を聞いたことがきっかけだという。
    メイヤーさんはその第一印象を「彼女の声はニューヨーカーらしさと温かさを兼ね備え、
    同時にはっきりとしていた」と振り返る。
    MTAのジョン・ウェインスタイン広報担当官も「ニューヨーカーに親しみの湧く声を探していた。
    彼女の声はぴったりだと思った」と話した。
    ミッチェルさんは既に10以上の車内アナウンスなどを録音済み。
    安心感のある声がMTAおよびNYCTと乗客の架け橋になると期待される。
    MTAによると、「閉まるドアにご注意ください(Stand clear of the closing doors, please)」で
    長年にわたりニューヨーカーに親しまれているチャーリー・ペレットさんの声も、引き続き使用するという。


    情報提供: CUE INT'L社
    05月17日 ラスベガスコンベンションセンター拡張と改修のお知らせ
  • ラスベガス
  • 2018年05月17日
  • ラスベガスコンベンションセンターは施設の拡張・改修を予定しております。
    拡張工事により、約30万平方メートルある現在の施設は、約43万平方メートル、
    東京ドーム約9個分の大きさとなります。拡張工事竣工予定は2021年です。
    また改修工事では、現在のデザインからより近代的でアイコニックな建築デザインへと生まれ変わります。
    特徴的なホテルが立ち並ぶラスベガスの街と融合し、なおかつ強い存在感を示す
    新しいコンベンションセンターへ向けた改修竣工予定は2023年です。

    ラスベガスコンベンションセンターでは毎年約22,000の会議や展示会をホストしており、
    この拡張・改修工事により、より多くのビジネス機会、展示機会が増えることが期待されます。


    情報提供:CONNECTWORLDWIDE, JAPAN

    新着お客様からの質問

     
    ご質問題名 質問者 受付日
    ぬん 2018年05月25日
    あるる 2018年05月25日
    あー 2018年05月24日
    ヒナ 2018年05月21日
    だい 2018年05月17日
    Akko 2018年05月16日
    Akko 2018年05月16日
    Jimmy 2018年05月16日
    Jimmy 2018年05月16日
    みずみず 2018年05月13日

    最新口コミ情報

    親子二人旅で当日はピックアップ場所を間違えたにも関わらずガイドの森脇さんに探してもらい、無事参加する事が出来ました。色々な口コミで森脇さんのお名前を見聞きしていたのでとても安心でした。噂通りに親切で一緒に参加した方とも楽しくお話で来て良かったです。普段行けない場所にも連れて行っていただき、現地在住の知人も知らない場所でした。 半日観光で最後はフィッシャーマンズ・ワーフで離団しましたが、その後の行動のアドバイスも頂き楽しい旅となりました。ありがとうございました。
    急な申し込みにも関わらず、即座に対応して頂き、 ありがとうございました。 ツアーガイドさんは、博識でフレンドリーな人だったため、 とても心に残る旅行になりました。
    憧れていたサルベーションマウンテンへ快適に行くことができてすごく満足でした。ホテルへのピックアップが交通状態によって遅れてしまっていて最初は少し不安だったのですが、電話をしたらすぐに対応していただけて、安心できました。ツアー地では写真も満足いくまで撮っていただいて、SNSにアップさせていただきました。 デザートヒルズへもツアーでないと中々行きにくい所だと思うので、行けてよかったし、いい買い物ができました。 添乗員の方はすごく気さくでフレンドリーな方で、残りの2日の旅行のアドバイスもしていただきました。 全体的に満足いくツアーでした。楽しかったです。
    朝7時から夕方まで長距離を運転していただき、帰りの車ではがっつりみんなで寝てしまいました(>_<) 翌日帰国の途に就くので、前日は少しゆっくりと・・・・と思っていたので、ちょうどよく、テーマパークとは違い、自然の景色を満喫できるツアーでした。 三女が行きで軽く車酔いしてしまい、ご心配をおかけしてしまったり・・・だったのですが本当にガイドの方にはお世話になりました。 サンタバーバラの裁判所の展望台より、その下の時計の歯車の部分や、実際使用されている裁判室を眺められたことがとても印象的でした。 サンタバーバラでは車の前を横切ったのがリスだったり(*^^*) 日本と違う空気を感じることができてとても楽しかったです♪ ソルバングで購入したデニッシュも美味しかったです。
    出発当日、集合場所を間違ってしまいましたが、サチコさんの機転のおかげで、何とか無事に出発する事ができました。 60代夫婦2組でのツアー、体力に多少不安がありましたが、サチコさんの楽しいトークのおかげで 不安などなくなってしまいました。 アンテローブキャニオン、モニュメントバレー、グランドキャニオン等々、実際目の前にすると、とても素晴らしく感動しました。ビューホテルも綺麗で快適でした。 サチコさんには、たくさん写真撮っていただきました。私達では、こんなに綺麗には撮れません。 思い出に残る楽しい旅を、有り難うございました。
    海外でのツアーということもあり時間や集合場所について少し不安でしたが、しっかり説明してくださり問題もなく楽しいツアーとなりました。
    2名で参加しました。閑散期のため最少催行人数に達せず他のツアー会社に断られて困っていたところ、こちらの会社に救っていただきました。「他の参加者が0人でも、最少催行人数である3名分の料金を支払うことで、実質2名でも催行確定になる」とのお話を伺って、安心して申込みました。ふたをあけてみると、直前に参加者が増えたようで、結局2名分の料金だけで参加することができました。絶対に行きたかったので、必ず参加できる案を提案していただき、感謝しています。当日のドライバーさんも、丁寧な説明でとても好印象でした。また機会があれば、利用させていただきたいと思います。
    大晦日に家族で参加しました!長い道のりでしたが、行く価値がありました! アンテロープでは、さちこさんが私達の専属で沢山の綺麗な写真や、家族写真を撮ってくれました。また詳しく説明してもらい、一層感激をしました。本当にありがとうございました♪ お昼は年末だったので、スペシャルだったそうです!大好きなお寿司でした♪ さちこさんにはお世話になりました! ありがとうございました!
    送迎時間の連絡が何時何分と分単位でなされ、実際にその時間にはピックアップしてくれました。また、クリスマス中のディズニーランドの様子や周り方のこつなども丁寧に教えてくれました。
    ラスベガスのあるネバダ州は銃規制が緩く、日本では勿論、ハワイとかでも体験できない「マシンガンのフルオート射撃」を体験できるツアーです。 ただ、このツアーは「はじめて実銃を撃ちます、手取り足取り教えてください」な方向けではないです。 銃の握り方構え方や照準の付け方、射撃場での最低限の安全知識などは「予習」しておきましょう。ハワイやグアムであるような銃をワイヤーで繋いだ「観光地向け」射撃場ではないので。 銃の種類にとても興味がある!○○って銃の本物を撃ってみたい!ガンマニアな方におすすめです。写真はクリスヴェクター短機関銃。 ただ今回【4ガン】コースを選択しましたが、トラベルドンキー記載の銃リストと現地MACHINE GUN VEGAS射撃場で出てきた銃リストとは若干違い、 【ハンドガン】Taurus Raging Judge、S&W 500、H&K P30 【セミオート】

    安心の正規旅行会社

    ナビツアーは、アメリカ合衆国の正規旅行会社、航空券の発券できるARC公認代理店ですので、安心してご利用いただけます。

    アメリカ本土に3オフィス

    ラスベガス本社の他、ロサンゼルス、サンフランシスコに直営現地オフィスがあり、安心の万全サポート体制。

    顧客第一主義です

    ナビツアーは、ツアー会社、ホテルのエージェント(販売代理人)ではなく、お客様のエージェント(購入代理人)です。

    お得なUSドル建て

    クレジットカードによるUSドル建てになりますので、為替レートがお客様にとって有利なレートとなります。

    市場最低価格を目指します

    万が一同じ商品がナビツアーより安く販売されている場合は、ご遠慮なくお知らせください。

    プリンター無しでもOK!

    多くのツアー・アクティビティで、ツアー参加券の印刷が不要の、eバウチャー・システムのご利用可能です。

    Copyrights © 2018 & All Rights Reserved by Trans Orbit Pty Ltd.