訪問先の 都市 を選択してください。

現地発ツアー(オプショナルツアー)、アクティビティ、ホテルのページへ移動します。

お知らせ・新着情報

01月18日 1月 これから開かれるコンベンション
  • ラスベガス
  • 2018年01月18日
  • 先日開催されたCESでは、過去最大の出席者だったのでは、と予想されています。
    (最終人数の報告は今後の予定。)


    来週からも、またいくつかのコンベンションが開催され、街中がにぎやかになる事でしょう。
    1/23 - 1/26 SHOT Show @ Sands 65,000
    1/23 - 1/26 World of Concrete @ LVCC 60,000
    1/24 - 1/27 AVN Adult Expo @ Hard Rock 25,000
    1/28 - 2/1 Winter Market @ World Market 50,000
    1/29 - 2/1 Surfaces @ Mandalay Bay 25,000
    1/31 - 2/3 Safari Club @ LVCC 21,000


    情報提供:Js Travel Consultants LLC
    01月17日 マルディグラ
  • ニューオリンズ
  • 2018年01月17日
  • 2018年のマルディグラは2月13日(火曜日)ですがパレードは1月から始まります。
    最も有名な謝肉祭の一つであるマルディグラを見学する為、多くの観光客がこの時期ニューオーリンズに集まります。

    【パレード スケジュール】
    http://www.neworleansonline.com/neworleans/mardigras/parades.html


    情報提供:ニューオーリンズ観光局
    01月17日 ニューオーリンズ市 設立300年
  • ニューオリンズ
  • 2018年01月17日
  • 2018年は、ニューオーリンズ市が設立されてから300年の記念の年です。
    各地でイベントが開かれますので、是非参加し、この特別な年をお祝いしましょう。

    【イベント カレンダー】 (英語)
    http://2018nola.com/events/


    情報提供:ニューオーリンズ観光局
    01月17日 2月はシアトル・ミュージアム・マンス
  • シアトル
  • 2018年01月17日
  • シアトル:今年で4年目を迎えるシアトル・ミュージアム・マンス(シアトル・ミュージアム月間)は
    2月1〜28日に予定されています。
    プログラムに参加するシアトル中心街のホテルに滞在するお客様は博物館・美術館など文化施設の
    入館料が半額となります。
    シアトル・ミュージアム・マンス参加博物館・美術館のリストはこの下をご参照ください。
    また、同ウエブサイト(seattlemuseummonth.com)でもご確認いただけます。

    ミュージアム・マンスは冬季のシアトル観光を最大限にお楽しみいただける絶好の機会です。
    シアトル美術館、歴史産業博物館(MOHAI)、航空博物館、ポップカルチャー博物館(MoPOP)、
    シアトル水族館、ウッドランドパーク動物園、
    アジア・パシフィック・アメリカン・エクスペリエンス・ウィング・ルーク博物館、バーク自然史博物館、
    チフリー・ガーデン&グラスなどのこれまでも参加してきた人気の施設の他に、
    今年は新たにタコマ美術館、シアトル・チルドレンズ・ミュージアムなどが参加します。

    期間中、参加ホテル滞在のお客様に適用され、一部屋で4名様までが割引の対象となります。
    ホテルで受け取るミュージアム・マンスのゲストパスを入館する際に提示すると、
    本イベントの特別割引料金が適用されるなど、シアトルのミュージアムをお得に楽しむことができます。

    「ザ・アレキシス・ホテルと3カ所のキンプトンホテルズチェーンではシアトル・ミュージアム・マンスが
    再び開催される事を楽しみにしておりました。これまで多くのお客様から反響をいただいております。
    冬の観光をより一層幅広くお楽しみいただける絶好の機会となります。今年はより多くの訪問者の皆様に、
    このミュージアム・マンスが浸透して行くことを期待しております。」とキンプトンホテルズの
    リージョナル副社長トム・ウェイジー氏の弁が届いています。
    また、シアトル歴史産業博物館取締役レオナルド・ガーフィールド氏は
    「シアトル・ミュージアム・マンスはシアトルが擁する稀有な芸術的文化的観光資源を多くの皆様に知っていただく
    良いきっかけとなるでしょう。そして、シアトル歴史産業博物館(通称MOHAI)は、
    シアトルの財産とも言える博物館を広く紹介する機会に恵まれることを幸せに思います。」と述べています。
    2015年にはじまったシアトル・ミュージアム・マンスは冬の観光促進としてシアトルの文化を紹介する
    絶好の機会となります。あらゆる年齢層のみなさまにアート、歴史、文化、ポップカルチャー、自然史、
    航空機産業などを気軽に親しんでいただけたることを目的としています。

    ビジット・シアトルとは
    ビジット・シアトルは設立から50年の歴史を誇るシアトル及びキング郡の公式デスティネーション・マーケティング
    非営利団体(DMO)です。地域の経済発展と就業率促進を主な目的としています。詳しくはウエブサイト(www.visitseattle.jp)をご覧ください。

    シアトル・ミュージアム・マンスについて
    シアトル・ミュージアム・マンスはビジット・シアトル主催シアトル・ツーリズム・インプルーブメント・エリア(STIA)
    提供、シアトル中心地区にある61のゲストホテルからのマーケティング基金で運営されています。
    このプログラムは2月のオフシーズン期の観光促進とこの地域が誇る芸術・文化を称えることを目的とした
    行事となっています。


    <<シアトル・ミュージアム・マンス参加博物館・美術館リスト>>
    1.        ブレインブリッジ・アイランド美術館(Bainbridge Island Museum of Art)*
    2.        ベルビュー美術館(Bellevue Arts Museum)
    3.        ビル&メリンダ・ゲイツ財団ディスカバリーセンター(Bill & Melinda Gates Foundation Discovery Center)*
    4.        バーク・ミュージアム(Burke Museum)
    5.        センター・フォー・ウッデンボーツ(Center for Wooden Boats)*
    6.        チフリー・ガーデン&グラス(Chihuly Garden and Glass)
    7.        デイブレイク・スター・インディアン文化センター(Daybreak Star Indian Cultural Center)*
    8.        フライング・ヘリテッジ&コンバット・アーマー・ミュージアム(Flying Heritage & Combat Armor Museum)
    9.        フライ美術館(Frye Art Museum)*
    10.        ヘンリー・アートギャラリー(Henry Art Gallery)
    11.        ジョブ・カー・キャビン博物館(Job Carr Cabin Museum)*
    12.        キッズ・ディスカバリー博物館(Kids Discovery Museum)
    13.        キトサップカウンティ・ヒストリカルソサイエティ&博物館(Kitsap County Historical Society & Museum)
    14.        クロンダイク・ゴールドラッシュ国立歴史公園(Klondike Gold Rush National Historical Park Seattle)*
    15.        ルメイーアメリカ自動車博物館(LeMay – America’s Car Museum)
    16.        リビングコンピューター博物館+ラボ(Living Computers: Museum + Labs)
    17.        航空博物館(The Museum of Flight)
    18.        ガラス博物館(Museum of Glass)
    19.        歴史産業博物館(Museum of History & Industry (MOHAI))
    20.        ポップカルチャー博物館(Museum of Pop Culture (MoPOP))前EMP博物館
    21.        米北西部アフロ・アメリカン・ミュージアム(Northwest African American Museum)
    22.        ノースウエスト鉄道博物館(Northwest Railway Museum)*
    23.        オリンピック彫刻公園(Olympic Sculpture Park)*
    24.        パシフィック・ボンサイ・ミュージアム(Pacific Bonsai Museum)*
    25.        パシフィック・サイエンスセンター(Pacific Science Center)
    26.        ピュージェットサウンド・ネイビー博物館(Puget Sound Navy Museum)*
    27.        シアトル水族館(Seattle Aquarium)
    28.        シアトル美術館(Seattle Art Museum)
    29.        シアトル・チルドレンズ・ミュージアム(Seattle Children’s Museum)
    30.        シアトル・ピンボール・ミュージアム(Seattle Pinball Museum)
    31.        ショアライン・ヒストリカル・ミュージアム(Shoreline Historical Museum)*
    32.        スチーマー・バージニアVファンデーション(The Steamer Virginia V Foundation)*
    33.        スクアミッシュ・トライバル・ミュージアム(Suquamish Tribal Museum)
    34.        タコマ美術館(TacomaArt Museum)
    35.        US ネイバル・アンダーシー博物館(U.S. Naval Undersea Museum)*
    36.        USSターナー・ジョイ博物館&シップ(USS Turner Joy Museum Ship)
    37.        バレンティネッティ・パペット博物館(Valentinetti Puppet Museum)*
    38.        ウィング・ルーク・ミュージアム・オブ・アジアンパシフィック・アメリカン・エクスペリエンス(Wing Luke Museum of the Asian Pacific American Experience)
    39.        ウッドランドパーク動物園Woodland Park Zoo
    40.        W.W.セイモア・コンサバトリー(W.W. Seymour Conservatory)*

    * は入場無料


    情報提供:シアトル・ワシントン州観光事務所
    01月11日 スミス・センター
  • ラスベガス
  • 2018年01月11日
  • JAN. 30 – FEB. 4
    Rent

    FEB. 16 – 18
    Remembering Luther: The Night I Fell in Love

    FEB. 21
    ABBA Mania

    FEB. 23
    Johnny Mathis

    MAR. 6
    The Ten Tenors

    MAR. 20 – 25
    Love Never Dies

    MAR. 27
    The Jazz Electric Concert Series

    MAR. 30
    Arthuro Sandoval
    APR. 24 – 29 The Color Purple

    MAY 4
    Kurt Elling

    MAY 16
    Maks, Val & Peta Live on Tour (Dancing with the Stars)

    MAY 29 – JUNE 3
    Hamilton


    情報提供:GOLDEN NUGGET LAS VEGAS

    新着お客様からの質問

     
    ご質問題名 質問者 受付日
    きき 2018年01月18日
    まゆこ 2018年01月18日
    くま 2018年01月18日
    kazuya 2018年01月18日
    take 2018年01月18日
    take 2018年01月17日
    ぴょん 2018年01月17日
    かず 2018年01月16日
    かず 2018年01月16日
    lil_non 2018年01月13日

    最新口コミ情報

    大晦日に家族で参加しました!長い道のりでしたが、行く価値がありました! アンテロープでは、さちこさんが私達の専属で沢山の綺麗な写真や、家族写真を撮ってくれました。また詳しく説明してもらい、一層感激をしました。本当にありがとうございました♪ お昼は年末だったので、スペシャルだったそうです!大好きなお寿司でした♪ さちこさんにはお世話になりました! ありがとうございました!
    送迎時間の連絡が何時何分と分単位でなされ、実際にその時間にはピックアップしてくれました。また、クリスマス中のディズニーランドの様子や周り方のこつなども丁寧に教えてくれました。
    ラスベガスのあるネバダ州は銃規制が緩く、日本では勿論、ハワイとかでも体験できない「マシンガンのフルオート射撃」を体験できるツアーです。 ただ、このツアーは「はじめて実銃を撃ちます、手取り足取り教えてください」な方向けではないです。 銃の握り方構え方や照準の付け方、射撃場での最低限の安全知識などは「予習」しておきましょう。ハワイやグアムであるような銃をワイヤーで繋いだ「観光地向け」射撃場ではないので。 銃の種類にとても興味がある!○○って銃の本物を撃ってみたい!ガンマニアな方におすすめです。写真はクリスヴェクター短機関銃。 ただ今回【4ガン】コースを選択しましたが、トラベルドンキー記載の銃リストと現地MACHINE GUN VEGAS射撃場で出てきた銃リストとは若干違い、 【ハンドガン】Taurus Raging Judge、S&W 500、H&K P30 【セミオート】
    到着の時のお迎えは別の会社に頼みましたが、今後はこちらにしたいと思います。 お迎えに来てくださったスタッフさんも空港で迎えてくださったスタッフさんもとにかく一番感じが良く、親切で気持ちのよい対応でした。 到着の時も、ユニバーサルなどのオプショナルもこちらで申し込みをしたらよかったと思いました。本当に、スタッフはいい方ばかりです
    感謝祭翌日に一人で参加でした。集合ホテル前で時間ぴったしに赤い中型屋根無しバス到着→バスで1時間のダウンタウンめぐり→ハーマンパークでトイレ休憩+バス乗り換え→4時間のスペースセンター自由行動(もちろんチケット付き、昼食はセンター内で自前)→5時位に集合ホテル送迎で解散。ダウンタウンの説明などすべて英語ですが、片言英語レベルでも十分楽しめます。センターではトラムツアー1回+展示品鑑賞位の時間ですが十分だと思いました。バス運転ツアーガイドはとてもフレンドリーで困ることはないと思います。最期に、解散時には10%位のチップを忘れずに。
    先日はありがとうございました! 私はハリウッドに宿泊していたので、ハリウッド→ビバリーヒルズ→ビバリーセンター→ファーマーズマーケットのツアー、余裕があればマイケルジャクソンなどの豪邸巡りをお願いしていました(*^_^*) そうしたら、ツアー開始後マイケルのファンなのか聞いてくださって、マイケルの小学校や亡くなった時に住んでいたお家等を案内してくださいました! そのほかにも、プリティウーマンの撮影地を案内してくださったり、元石油王のお家で今は公共の施設?になっている場所に連れてってくださったり、私たちが「お腹が空いた」と言えばフードコートまで案内してくださったり(笑)と、とても良い運転手さんでした★ 満足度もとっても高く、次回も絶対利用したいと思っています! 本当にお世話になりました!
    母娘で参加しました。 早い集合でしたがアンテロープではLowerもUpperも2つ行けて良かったです。こんなツアーはなかなかありません。 モニュメントバレーでは念願のThe View Hotelに泊まれて感激でした。どこをとっても素敵な光景でした。 グランドキャニオンも効率よく6つのポイントを回ります。 ガイドのサチコさんには感謝してます。最高の思い出が作れまたのもサチコさんのおかげです。 今回のツアーは今までの海外旅行の中でナンバーワンになりました。
    往路のお迎えに来てくれたデッドさんとても親切に色々教えてくれて楽しく会話しながら気づいたらディズニーランド到着でした。 オープンから22時半集合までたっぷり遊べるのでとても 充実した1日になりました。 事前にお薦めのアトラクションやファストパスを取る場所など教えて頂いたので助かりました。 帰りもホテルまで送って頂き良かったです。 また、再訪した際には宜しくお願いします。
    舞台のスケールの大きさ、ショーの素晴らしさ今まで見たことのない感動でした。席も見やすいところで、本当に楽しみました。又行く機会あれば見たいです。
    ジョー加藤カー
    モニュメントバレーでは雨と風で寒さに震えましたが、アンテロープキャニオンはなんとか閉鎖前にアッパー、ロウアー共に見られました。曇っていたので光が差し込む光景は見られませんでしたが、とても綺麗でした。ビューホテルは満室で泊まれませんでしたが、グールディングスの戸建のコテージはとても綺麗で、朝日が昇るのも見られてできることなら連泊したいくらいでした。ツアーコンダクターの方がとても素晴らしく、楽しい旅になりなした。1泊2日で、私が行きたかった場所が網羅されていたのですが、行く前はツアー代が結構するなあと思っていましたが、行った後はむしろこの値段は安いと思える満足度でした。

    安心の正規旅行会社

    ナビツアーは、アメリカ合衆国の正規旅行会社、航空券の発券できるARC公認代理店ですので、安心してご利用いただけます。

    アメリカ本土に3オフィス

    ラスベガス本社の他、ロサンゼルス、サンフランシスコに直営現地オフィスがあり、安心の万全サポート体制。

    顧客第一主義です

    ナビツアーは、ツアー会社、ホテルのエージェント(販売代理人)ではなく、お客様のエージェント(購入代理人)です。

    お得なUSドル建て

    クレジットカードによるUSドル建てになりますので、為替レートがお客様にとって有利なレートとなります。

    市場最低価格を目指します

    万が一同じ商品がナビツアーより安く販売されている場合は、ご遠慮なくお知らせください。

    プリンター無しでもOK!

    多くのツアー・アクティビティで、ツアー参加券の印刷が不要の、eバウチャー・システムのご利用可能です。

    Copyrights © 2018 & All Rights Reserved by Trans Orbit Pty Ltd.