ツアー・ホテルの カテゴリー を選択してください。

現地発ツアー(オプショナルツアー)、アクティビティ、ホテルのページへ移動します。

お知らせ・新着情報

02月12日 2019年カリフォルニア州にオープン予定のNEWアトラクション施設(体験)のご紹
  • アメリカ
  • 2019年02月12日
  • 2019年に新たに楽しめるアトラクション施設(体験)を一部ご紹介します。

      ■ 主な新規オープン施設

    ★ディズニーランドにスターウォーズ: ギャラクシーズ・エッジが登場(2019年夏)
    ディズニーランド・リゾートのスターウォーズをテーマとした待望のテーマランド「スターウォーズ: ギャラクシーズ・エッジ」では銀河系の冒険を体験することができます。

    14エーカー(約56,656平方メートル)のテーマランドは、2019年夏にオープンし、目玉となる二つのアトラクションが設置されます。

    一つは、ゲストがミレニアム・ファルコン号を操縦して秘密の特別ミッションをこなすアトラクションで、もう一つはゲストがファースト・オーダーとレジスタンスの戦いを体験することができるアトラクションです。また、ゲストはBB-8やチューバッカ、レックス、カイロ・レンなどのキャラクターに会うこともできます。

    ☆ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドにジュラシック・ワールドがオープン(2019年)
    ユニバーサル・ピクチャーズの大ヒット映画「ジュラシック・ワールド」から着想を得た、ユニバーサル・スタジオ・ハリウッドの新しい「ジュラシック・ワールド」ライドがオープンします。巨大でリアルな恐竜が歩き回り、ゲストを驚かせます。
    以前の「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」の人気の要素を取り入れたこの新世代の絶叫マシンは、革新的アドベンチャーである「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」を完全リメイクしたものであり、ライド体験の全ての側面を進化させたものになります。

    ★サンフランシスコにチェイス・センターがオープン(2019年夏)
    チェイス・センターは、サンフランシスコ初の国際的なスポーツ・エンターテイメント施設となります。
    NBAの2019~2020年シーズン開始前の2019年8月に完成予定のチェイス・センターは、ゴールデンステート・ウォリアーズの新本拠地となる一方、利用者にグルメやショッピングを楽しむ場を提供します。

    ☆ローズウッド・ミラマー・ビーチ・モンテシートがオープン(2019年2月)
    サンタバーバラの待望の海辺のリゾート、ローズウッド・ミラマー・ビーチ・モンテシートが2019年2月11日にオープンします。
    この高級リゾートには124室の客室と37室のスイートルームが用意され、その多くが1階建てのコテージおよびバンガローにあります。宿泊客はオーシャンフロントのレストランバー、2つのプール、センスRスパ、最新のフィットネスセンター、サンタバーバラ有数の美しいひっそりとしたビーチといった施設を楽しむことができます。

    ★シーワールド・サンディエゴにタイダル・ツイスターが登場(2019年5月)
    全く新しい対決形式のローラーコースターであるタイダル・ツイスターが、シーワールド・サンディエゴに新アトラクションとして登場します。
    その種で世界初となるタイダル・ツイスターは、海の力を見せつけます。時速30マイル(約48キロ)で加速しながら、中心の無重力状態になるダイナミックな回転部分を含む急激な8の字のコースに沿って波に乗っているかのように、乗客は回ったり傾いたりします。
    ※身長制限は約122センチ以上となります。

    ☆パシフィック水族館のパシフィック・ビジョンズ・ウイングが完成(2019年春)
    パシフィック水族館は、5,300万ドルをかけた新しいパシフィック・ビジョンズ・ウイングを2019年春にオープンします。
    このウイングは、サンフランシスコに拠点を置く建築設計会社EHDDによりデザインされた面積29,000平方フィート(約2,694平方メートル)の2階建ての地球に優しい構造物です。

    パシフィック水族館初の大規模増築プロジェクトであるパシフィック・ビジョンズには、最新の没入型シアター、増築された特別展示ギャラリー、アートギャラリー、生きた動物を展示するための追加スペースが備えられます。
    パシフィック・ビジョンズが完成すると、水族館が受け入れ可能な年間客数は200万人になると予想されています。

    ★ナッツ・リバー・ファームにキャリコ・リバー・ラピッズが登場(2019年夏)
    2019年夏にナッツ・ベリー・ファームにオープンするキャリコ・リバー・ラピッズは、新たな冒険好きの人々にはぴったりのアトラクションです。

    現在はビッグフット・ラピッズとして知られているナッツ・ベリー・ファームの急流下りは、大規模な改修が行われ、新しいアニマトロニクスやテーマ毎に楽しめるショー、新しいナレーション、ダイナミックな水の動きをはじめとする新たな目玉が追加されます。

    定員6名の円形のラフティングボートは、乗客を激流やその土地の野生生物との出会いといったワイルドな驚きの体験へと導きます。

    ☆ミッド・シティにアカデミー・ミュージアムがオープン(2019年後半)
    アカデミー・ミュージアムは、芸術と映画の科学に特化した世界一流の施設になるでしょう。
    ロサンゼルスのウィルシャー通りとフェアファックス通りの角に位置するこのミュージアムは、没入型かつ実験的、教育的で楽しいものになるでしょう。
    単なるミュージアムの枠を超えて、ダイナミックなフィルムセンターでは、他では味わえない体験と映画と映画製作に関する知識を提供します。

    情報提供:カリフォルニア観光局、日本海外ツアーオペレーター協会
    02月02日 ダウンタウン グランド ホテル&カジノが施設の拡張を発表
  • ラスベガス
  • 2019年02月02日
  • ストリップだけでなく、ダウンタウンも賑わいをみせています
    。オープン5周年に合わせ、ダウンタウン・グランドホテル&カジノは
    更に1000室を追加する新しいタワーの建設と施設の拡張を発表しました。
    2020年までに施設の大きさは、25万スクエアフィート以上となり、そのホスピタリティの拡大に期待が広がります。

    情報提供:ラスベガス観光局


    02月02日 巨大2段ベッドを構えるスイートルームがフラミンゴ・ラスベガスにてニュー
  • ラスベガス
  • 2019年02月02日
  • グループ旅行にピッタリのイノベーティブな体験として、
    フラミンゴ・ラスベガスでは巨大2段ベッドを備えた新しいスイートルームを14室導入しました。
    全米でもっとも大きい2段ベットスイートルームとして名声を博すこの部屋は、
    1億5600万ドルをかけて実施しているリノベーションの一環として手掛けられました。
    2019年2月1日より稼働予定のこの部屋はオンライン予約、電話予定で受付が可能です。

    情報提供:ラスベガス観光局

    02月02日 アース・ウィンド・アンド・ファイヤーがラスベガスに戻ってくる。
  • ラスベガス
  • 2019年02月02日
  • 2018年に6つの公演が完売のうちに幕を閉じた、伝説的な人気グループ、アース・ウィンド・アンド・ファイアーが
    ベネチアンリゾート内のベネチアンシアターで、今年6つの限定公演を行います。
    公演日程は、3月20日、22日、23日、27日、29日、30日。それぞれ20時から開演です。是非この機会にお見逃しなく。

    情報提供:ラスベガス観光局
    01月26日 ネオン・ミュージアムでティム・バートン・アート・エキシビジョンを開催
  • ラスベガス
  • 2019年01月26日
  • この10年間で初めて、有名なアメリカ人映画監督、プロデューサー、アーチスト、脚本家、
    アニメーターのティム・バートンがアメリカで自身のオリジナルアート作品の展覧会を行います。
    ラスベガスのネオンミュージアムの色々な場所に「Tim Burton@the Neon Museum」が演出されます。
    屋外のボーンヤード展示場や、ノース・ギャラリーの中、ミュージアムのビジターズ・センターの向い側の
    ラスベガス市ボーンヤード・パークなどなど。

    エキスビジョンでは、新しい作品と以前に展示されたものを2019年10月15日から2020年2月15日まで展示します。
    ネオンミュージアムの野外のユニークな展示スペースを利用して、特大サイズの作品は、
    ネオンミュージアムのコレクションと共に展示されます。バートンは、自身のクリエイティブ・ヒストリーを
    懐古的なものとして展示しますが、同時にネオンミュージアムへの称賛を表しています。
    ネオンミュージアムとコラボすることを考えついたのは、
    これまでの彼のエキシビジョンとは異なり純粋にこの場所だからできることだからでしょう。

    情報提供:ラスベガス観光局

    ラスベガス・お勧めツアー

    【シーニック】空路で行く。 グランドキャニオン ウエストリム 地上観光+ヘリコプター遊覧飛行+ポンツーンボート乗船


    【シーニック】空路で行く。 グランドキャニオン ウエストリム 地上観光+ヘリコプター遊覧飛行+ポンツーンボート乗船

    ラスベガスに近いグランドキャニオン・ウエスト(インディアン居留区)のツアー。シーニック航空が誇る遊覧飛行に最適な飛行機ビスタライナーで、ミード湖、西半球最大のフーバーダム、グランドキャニオン・ウエストの上空を遊覧してワラパイ・インディアンの居留区へ。到着後、ヘリコプターに乗り換えてグランドキャニオンの壁面を目前に1200メートル下のコロラド川が流れる谷底に着陸。ボートに乗りコロラド川の穏やかな流れ・・・

    一般料金 US$ 524 インターネット料金 US$470 ~

    新着お客様からの質問

     
    ご質問題名 質問者 受付日
    issy 2019年02月15日
    non 2019年02月06日
    そのちゃん 2019年01月30日
    そのちゃん 2019年01月30日
    sm 2019年01月18日
    トラベルドンキー  2019年01月17日
    shino 2019年01月09日
    さとやん 2019年01月08日
    リンか 2018年12月27日
    ろろ 2018年12月25日

    最新口コミ情報

    急な申し込みにも関わらず、即座に対応して頂き、 ありがとうございました。 ツアーガイドさんは、博識でフレンドリーな人だったため、 とても心に残る旅行になりました。
    出発当日、集合場所を間違ってしまいましたが、サチコさんの機転のおかげで、何とか無事に出発する事ができました。 60代夫婦2組でのツアー、体力に多少不安がありましたが、サチコさんの楽しいトークのおかげで 不安などなくなってしまいました。 アンテローブキャニオン、モニュメントバレー、グランドキャニオン等々、実際目の前にすると、とても素晴らしく感動しました。ビューホテルも綺麗で快適でした。 サチコさんには、たくさん写真撮っていただきました。私達では、こんなに綺麗には撮れません。 思い出に残る楽しい旅を、有り難うございました。
    大晦日に家族で参加しました!長い道のりでしたが、行く価値がありました! アンテロープでは、さちこさんが私達の専属で沢山の綺麗な写真や、家族写真を撮ってくれました。また詳しく説明してもらい、一層感激をしました。本当にありがとうございました♪ お昼は年末だったので、スペシャルだったそうです!大好きなお寿司でした♪ さちこさんにはお世話になりました! ありがとうございました!
    ラスベガスのあるネバダ州は銃規制が緩く、日本では勿論、ハワイとかでも体験できない「マシンガンのフルオート射撃」を体験できるツアーです。 ただ、このツアーは「はじめて実銃を撃ちます、手取り足取り教えてください」な方向けではないです。 銃の握り方構え方や照準の付け方、射撃場での最低限の安全知識などは「予習」しておきましょう。ハワイやグアムであるような銃をワイヤーで繋いだ「観光地向け」射撃場ではないので。 銃の種類にとても興味がある!○○って銃の本物を撃ってみたい!ガンマニアな方におすすめです。写真はクリスヴェクター短機関銃。 ただ今回【4ガン】コースを選択しましたが、トラベルドンキー記載の銃リストと現地MACHINE GUN VEGAS射撃場で出てきた銃リストとは若干違い、 【ハンドガン】Taurus Raging Judge、S&W 500、H&K P30 【セミオート】
    母娘で参加しました。 早い集合でしたがアンテロープではLowerもUpperも2つ行けて良かったです。こんなツアーはなかなかありません。 モニュメントバレーでは念願のThe View Hotelに泊まれて感激でした。どこをとっても素敵な光景でした。 グランドキャニオンも効率よく6つのポイントを回ります。 ガイドのサチコさんには感謝してます。最高の思い出が作れまたのもサチコさんのおかげです。 今回のツアーは今までの海外旅行の中でナンバーワンになりました。

    安心の正規旅行会社

    ナビツアーは、アメリカ合衆国の正規旅行会社、航空券の発券できるARC公認代理店ですので、安心してご利用いただけます。

    アメリカ本土に3オフィス

    ラスベガス本社の他、ロサンゼルス、サンフランシスコに直営現地オフィスがあり、安心の万全サポート体制。

    顧客第一主義です

    ナビツアーは、ツアー会社、ホテルのエージェント(販売代理人)ではなく、お客様のエージェント(購入代理人)です。

    お得なUSドル建て

    クレジットカードによるUSドル建てになりますので、為替レートがお客様にとって有利なレートとなります。

    市場最低価格を目指します

    万が一同じ商品がナビツアーより安く販売されている場合は、ご遠慮なくお知らせください。

    プリンター無しでもOK!

    多くのツアー・アクティビティで、ツアー参加券の印刷が不要の、eバウチャー・システムのご利用可能です。

    Copyrights © 2019 & All Rights Reserved by Trans Orbit Pty Ltd.