ツアー・ホテルの カテゴリー を選択してください。

現地発ツアー(オプショナルツアー)、アクティビティ、ホテルのページへ移動します。

お知らせ・新着情報

10月24日 ますます便利になったバイク・シェア!
  • テネシー州
  • 2018年10月24日
  • 2018年5月に登場した「メンフィス・バイク・シェア」ではメンフィスのダウンタウン、ミッドタウン、サウスメンフィスに60ヶ所のバイクステーションを設け、600台の自転車を貸し出ししています。1回のレンタル料はわずか$5というのも嬉しいですね。(ウィークリー料金、年間料金もあります。)詳しいシステムはwww.memphistravel.com/bike-shareをご覧ください。        
              
    このように町の公共交通とは別に自転車のレンタルも充実したメンフィスでは、サイクリングルートも完備されて利用者はオンラインでマップをオーダーしたり、レンタル自転車を予約したりできます。サイクリングの目玉はミシシッピ川のリバー・トレイルと呼ばれる約50kmのコースです。雄大なミシシッピ川を真横に見ながらシェルビー・フォレストやメンフィスのダウンタウンを走るコースは地元の人々や州外からのサイクリング愛好者にも人気です。        
            
    ちょっと足を伸ばすなら、「ビッグ・リバー・クロッシング」というミシシッピ川にかかる橋を通り、お隣のアーカンソー州まで行くことも可能。        
    サイクリングルートに関しての詳細はwww.memphistravel.com/memphis-bike-mapをご覧ください。        
            
            
    情報提供:connectworldwide, japan        
    10月24日 ローカルコミュニティークロスタウンを探る
  • テネシー州
  • 2018年10月24日
  • メンフィスダウンタウンの東側のミッドタウンにあるクロスタウンがコミュニティーとして近年再開発中です。もともと、シアーズ・ローバック社の配送センター&リテールショップだった1927年築の巨大ビルを再利用しています。        
            
    かつての荷物用エレベーターや倉庫だったと思われる空間もそのまま利用されて、タイムスリップした空間に現在が居住しているような不思議な感覚になるこの場所。敷地面積6万平方メートル(東京ドームのグラウンド約5つ分)という広大な建物には病院、学校、住居空間、カフェやネイルサロンなどが入る一大コミュニティが        
    作られているのです。        
            
    ファストフードのバーガーショップや最近人気のアイスバー「メンフィスポップ」も入っています。        
            
            
    情報提供:connectworldwide, japan        
    10月24日 メンフィス・イン・メイ
  • テネシー州
  • 2018年10月24日
  • 200周年記念        
    テーマ都市はメンフィス!        
            
    毎年5月にメンフィス市をあげて開催する「メンフィス・イン・メイ」は2019年に200周年記念となります。2019年の同イベントのテーマ都市はメンフィスです。        
            
    メンフィス・イン・メイの主要イベントの日程は以下の通りです:        
    2019年5月3日〜5日 ビールストリート音楽祭        
    2019年5月15日〜18日 ワールド・チャンピオンシップ・バーベキュー・クッキングコンテスト        
    2019年5月25日 グレート・アメリカン・リバー・ラン・ハーフマラソン&5K        
    2019年5月25日 セレブレート・メンフィス「ニュー・センチュリー・オブ・ソウル」        
            
            
    情報提供:connectworldwide, japan        
    10月24日 メンフィス ブリュー・バス
  • テネシー州
  • 2018年10月24日
  • メンフィスのクラフトビールを探る!         
    ビール好きにぴったりのバスツアー        
            
    このツアーは所要時間3時間30分で3軒の地元クラフトビール醸造所を「はしご」します。ビール造りの舞台裏をたっぷり見学した後はシグネチャービールの試飲をします。気に入ったビールがあれば、併設のショップで即お買い上げ!また、小腹が空いたらスナックや食事もオーダーできます。        
    ツアーは土曜日の午後に開催。プライベートツアーも予約をすれば可能です。        
            
    詳しくはこちら>>https://www.memphistravel.com/memphis-brew-bus        
            
            
    情報提供:connectworldwide, japan        
    10月24日 トロリーとバードを利用してメンフィス観光しよう。
  • テネシー州
  • 2018年10月24日
  • メンフィス観光が近年進化し続けていることで、多くの観光客や地元の人々が思い思いに楽しめる観光都市と人気急上昇中!その一つにダウンタウンの公共交通もどんどん便利になっているのをご存知ですか?

    ダウンタウンの目貫通りとなるメインストリートにはトロリー(Main Street Trolley/matatransit.com)が復活し、ダウンタウンのビールストリート、サウスメイン、コンベンションセンターなどへのアクセスも簡単にできるようになりました。メインストリートを歩くと所々にトロリーストップが設けられているので歩き疲れたら、トロリーに乗車して目的地に連れて行ってもらうことも簡単にできます。

    その他、街でよく見かけるようになったのがバードと呼ばれる電動スクーターです。近距離を移動する市民の「乗り捨て型」スクーターはメンフィスだけでなく全米の都市で近年爆発的に有名となっています。スクーターは、1回の充電で15マイル(約24キロ)の走行ができます。Birdのアプリをダウンロードすると利用可能なスクーターの位置が表示され、ユーザーは、スクーターに付いているQRコードをアプリでスキャンし、運転免許証とクレジットカードの情報を入力すれば利用することができます。費用は、基本料金が1ドルで、あとは1マイルごとに数セントが加算されるという仕組み。

    メンフィスの町の中を歩くと、白地に赤いロゴを付けたゴルフカートが走っているのを目にします。こちらは、観光客向けの移動カート「ザ・リフター」。メンフィス近郊の公共ライドサービスです。料金は無料で、お礼の気持ちをチップとして渡すだけで良いという、メンフィスならではのユニークなシステムですね。
    「ご利用の際はただ声をかけて、カートに乗り込んでください。あとは行き先だけ教えてくれれば、お連れしますよ!メンフィス内の主要アトラクションは任せて!」と、人懐っこい笑顔のドライバーさんが話してくれました。

    情報提供:connectworldwide, japan

    テネシー州・お勧めツアー

    新着お客様からの質問

     
    ご質問題名 質問者 受付日
    Mar 2018年11月14日
    crea 2018年11月09日
    グリュブン 2018年10月31日
    ひろ 2018年09月19日
    yh 2018年09月05日
    あお 2018年08月28日
    S 2018年08月28日
    ちっち 2018年08月25日
    ロス再び 2018年08月16日
    なお 2018年08月11日

    安心の正規旅行会社

    ナビツアーは、アメリカ合衆国の正規旅行会社、航空券の発券できるARC公認代理店ですので、安心してご利用いただけます。

    アメリカ本土に3オフィス

    ラスベガス本社の他、ロサンゼルス、サンフランシスコに直営現地オフィスがあり、安心の万全サポート体制。

    顧客第一主義です

    ナビツアーは、ツアー会社、ホテルのエージェント(販売代理人)ではなく、お客様のエージェント(購入代理人)です。

    お得なUSドル建て

    クレジットカードによるUSドル建てになりますので、為替レートがお客様にとって有利なレートとなります。

    市場最低価格を目指します

    万が一同じ商品がナビツアーより安く販売されている場合は、ご遠慮なくお知らせください。

    プリンター無しでもOK!

    多くのツアー・アクティビティで、ツアー参加券の印刷が不要の、eバウチャー・システムのご利用可能です。

    Copyrights © 2018 & All Rights Reserved by Trans Orbit Pty Ltd.